×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

格安夜行バスの準備


バスの車内では複数の人が一緒に夜を過ごす。自分なりに工夫することによって、周りを気にすることなく快適に過ごせる。

格安夜行バスの車内は夜間ということもあり、室内灯や読書灯はあるがあまり明るくないので長時間の読書は不向きだ。以前は夜行バスではほとんど音楽サービスがあったが、最近音楽サービスない車両も多いので音楽を聴きたい人は「ポータブルステレオ(カセット・CD・MDなど)」を持ち込むといい。

その他夜行バス車内で役立つのは、夜間「光が気になって眠れない」「音が気になって眠れない」と思う人は、「アイマスク」や「耳栓」を用意して乗ることをおすすめする。枕がないと眠れないという人は「枕」(空気でふくらませるタイプが便利)もあるといいだろう。ただし会社によってはシートに枕が備え付けているところもある。

格安夜行バスに乗って仕事に向かう方の中には背広で乗車する人も多い。そんな背広で乗る場合は「折りたたみハンガー」があると便利だ。洋服掛け用のフックはたいていのバスについているので利用するといい。また車内にハンガーを備え付けている会社もあるようなので問い合わせてみることをおすすめする。これらのグッズはトラベルグッズの販売店などで扱っている。
格安夜行バスの乗車時間は長時間になる。ほとんどが寝ているとはいえ用意は万全にしていったほうが、より快適に過ごすことができるだろう。